「鬼灯の冷徹」第弐期 第23話「こんぽんてきに/異種格闘技戦」

  1. /
  2. /
  3. /

Aパート「こんぽんてきに」 桃太郎や一寸法師が過去を克服したのを見てきた芥子は、自分の「〇ヌキ」嫌いを克服せねばと思っていた。芥子が目指すのは、狙いをコントロールし亡者のみを攻撃する精度。頭では「タ〇キ」の全てが悪い訳ではないと分かっていながら、「タヌ〇」と聞けばすぐに爆発してしまう今の自分は足軽の精度の良くない乱れ打ち。精神修行してさらに強くなりたい。そう打ち明けられた鬼灯は、修行といえば、というある場所を思い出す。Bパート「異種格闘技戦」 ジムでひたすら己を鍛え上げていた芥子がふと思う。自分は今どのくらい強いのか、他の動物獄卒に追いつけているのか、と。セコンドとして芥子の猛烈な攻撃を受け止めながら問われた鬼灯は、他の肉食動物たちとの手合わせを提案するが、芥子の全勝。捕食者と被食者の間に革命が起こっている。そう感じた鬼灯は芥子の実力を試すついでに、動物獄卒を世間により認知してもらういい機会と、『窮鼠猫を噛む大一番!』を開催する。脚本:後藤みどり原作コミックが今すぐ読める!!動画一覧はこちら第22話 /watch/1527839136

アニメ 鬼灯の冷徹 2018年春アニメ 「鬼灯の冷徹」第弐期

「鬼灯の冷徹」第弐期 第23話「こんぽんてきに/異種格闘技戦」の関連商品

「鬼灯の冷徹」第弐期 第23話「こんぽんてきに/異種格闘技戦」のコメント

「鬼灯の冷徹」第弐期 第23話「こんぽんてきに/異種格闘技戦」の関連動画

飲み会や会議の日程調整を超簡単に!『スケダチ』